僕らは落ちる人、でも登る人

宮崎のボルダリングファンの皆様こんばんは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸の孤島、宮崎からクライミング、ボルダリングについて発信する

 

 

 

 

 

 

プレスファクトリーです⚡️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回は

 

 

 

 

 

 

登るとは逆の事にフォーカスをあててみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「クライミング」「ボルダリング」と聞いて

 

 

 

 

 

「誰かが岩や壁を登ってる姿」を思い浮かべるのが一般的ではないでしょうか?


 

そう↑のような写真はよくみますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この逆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登るの逆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちる

 

 

 

 

 

ジムでいつも簡単そうに登ってる上級者も

 

 

 

 

 

 

 

世界で活躍するプロクライマーですら

 

 

 

 

 

 

 

この「落ちる」ことからは逃れられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちても落ちても

 

 

 

 

諦めずに挑戦し

 

 

 

登れれば次の限界に挑む

 

 

 

 

 

 

それが強くなる近道だから。

 

 

 

 

 

 

 

そして落ちる瞬間、それが限界ギリギリの一手だからこそのドラマ

 

 

 

 

 

 

 

 

それではご覧ください。

 

 

 

 

フォトギャラリー

 

「落ちる人」

 

 

 

 

いやぁ臨場感あふれる写真で

 

 

 

 

 

 

今にもワーとかキャーとか聞こえてきそうですね!

 

 

 

 

 

 

だいたいみんな万歳みたいな感じで落ちてます。

 

嬉しくないはずなのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ一週間こんな写真を撮り続けていましたが

 

 

 

 

 

人が落ちるのを狙って

 

 

 

撮る

 

 

 

 

 

 

 

 

「落ち待ち」してました。

 

 

 

 

 

 

 

ここでカメラのシャッタースピードを上げてみましょう

 

 

 

 

 

もうこれは落ちてるというよりは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮遊感が出てますね

 

 

 

 

ですが残念ながら落ちてる写真です

 

この限界ギリギリまで出し切ってる感が

 

 

いいですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

カッコいい!

 

上、見て登ってたはずなのに落ちた瞬間は下向いてます

 

落ち込んでるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この「落ちる人」達はその後

 

 

 

 

 

 

何度も挑戦し登った人

 

 

 

 

 

 

 

今も諦めずに挑戦し続ける人

 

 

 

 

 

と、いつも限界に挑み続けています!!

 

 

 

クライミングでは

 

 

 

 

 

 

安全性の為、落ちる練習をすることもあります

 

 

 

 

万歳みたいになるのも空中でバランスを取る為

 

 

 

下を向いてるのも安全に足から落ちる為

 

 

 

そう意味があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、あなたの気分が

 

 

 

 

 

 

「落ちる」ような出来事も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと意味があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんの話や!!!