一ツ瀬川のボルダー

 

比叡のイベントからはや一週間

 

 

 

 

 

休みの日になれば公開されたばかりのエリアに行くのが

一般的ですが

 

 

 

 

 

なんともマニアックなエリアに連れっててほしいとのことで

 

 

 

 

 

 

1年ぶりに一ツ瀬川のボルダーへ!!

 

 

ここは僕自身がクライミングを始めて間もない頃に

 

岩を探し回り仲間たちと開拓したエリア

 

 

 

開拓してその後のことなんて

まともに考えているわけでもなく

 

岩が登りたい。

 

 

という気持ちだけの

 

 

 

 

 

結果全てが中途半端になったエリアです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしたから正解とか

 

そんなものはないのだけれど

 

 

自分の中ではあまりいい印象ではないまま

 

そのままでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなエリアに人を連れて行くのは久々で

 

どういう反応をするのか不安でしたが

 

 

いろんな岩質があるこのエリアを楽しんでくれたようで

 

 

 

チョーク開発者泣かせの

 

全くチョークアップの意味ないほぼ鉄のような岩

 

 

取って付けたかのような、まさしくホールドのある岩

 

 

名作 ガーベラの足音 V5

 

 

河原のボルダーあるあるで

 

 

水没してしまった課題や

 

 

 

徒渉出来ずに触れない課題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり様変わりしてしまったけど

 

昔の記憶と

現在の考え方と

 

 

 

何ができるかもう一度考え直す機会になり

 

 

 

 

 

 

連れて行ってくれと言ってきた方々に感謝です

 

 

 

 

徒渉出来なかったエリアにも行けるよう作戦練ります!!