世界一 ゆるいコンペ

 

プレスファクトリーで行われている

 

 

 

ナイトラインというコンペ

 

 

2月11日に開催させていただきました

 

 

 

 

 

 

 

コンペといってもピザ食べたり

登りも楽しみつつのゆるいコンペ

 

 

 

用意された課題を1人ずつ登っていく

 

 

 

 

 

 

登り方はそれぞれですが

 

 

想定してた動きと全く違う動きで登られた時は

 

 

 

 

設定者として「やられた感」があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはまるで

 

完全犯罪を企む者と

 

推理する名探偵

 

 

 

 

 

 

想定通りの動きでしか登れない課題を作る設定者

(完全犯罪を企む人)

 

 

その動きを推理して登るクライマー

(推理する名探偵)

 

 

さらに探偵側の力量が高ければ

想定外の動きで登られるわけです

 

 

 

完全犯罪も面白いですが

 

 

今はいろんな可能性のある課題が

好まれているのも事実

 

 

 

まぁそれも推理力が必要なのだけど。。。